作りやすくて審査に通りやすいクレジットカードとは?

作りやすいクレジットカードといえば、スーパーやデパートなど量販系といわれるものでしょうか。買い物先などで積極的な勧誘にあって、クレジットカード即日発行のカードを何枚も作ってしまったという方もたくさんいるのではないでしょうか。

いつも買い物にいくところであれば、ポイントも貯まりますし優待サービスなども受けられますので、お得感が大きいのも持っていてうれしいクレジットカードいうことがいえるでしょう。しかし、あまりに枚数が多くなってしまうと管理が大変ですし、ずっと買い物に行くだろうと思っていたけれど引っ越しをしたり転職をしたりで、立ち寄る先が変わってしまったという場合もクレジットカードをそのままにしていませんか。

クレジットカードをたくさん持っていても特に問題はないと思ってしまいますが、問題はキャッシング枠にあります。クレジットカードのキャッシング枠は、時に借り入れしている金額と同等にみなされてしまうことがあります。他にローンを組もうとしたときに、不利に働いてしまうケースもあります。キャッシング枠の金額をすべて借り入れしてしまったら、と考えられると新しいローンが組めなくなることもあります。

定期的にクレジットカードの見直しをするようにしましょう。どうしても解約したくないクレジットカードでも、キャッシングに利用しないであろうということを考えて枠を下げる、あるいは0にしてしまうというのもひとつの方法です。財布の中にたくさんのクレジットカードが並んでいる、という方は使っていないカードというのが必ずあるはずです。

クレジットカードとは

クレジットカード、だれでも持っているといってもよいかもしれないほどですよね。今後もますますキャッシュレスは進むと考えられていますが、そもそもクレジットカードとはどういったものなのでしょうか?クレジットカードは、消費者の信用に基づいて発行されるカードです。信用があるからこそクレジットカードを使って買い物をしたり、キャッシングをしたりということができるわけです。
もちろん、クレジットカードはいつでもどこでも誰でもいくらでも使えるというわけではありません。決まった条件の下でのみ利用することができるようになっています。例えば、クレジットカードには有効期限があります。また収入などによって使える額が設定されています。長くクレジットカードを利用していれば、だんだん使える金額は増えていくということになります。もちろん延滞をしてしまった場合などは、利用ストップとなってしまったり期限が来ても更新されなかったりしてしまいます。

そしてクレジットカードは、そのカードを発行している会社の会員となるというシステムになっています。会員であり続けるためには、規約を遵守することなどももちろん必須条件となります。

クレジットカードを作ることは、年齢条件などを満たしていればそれほど難しいことではありません。しかし、長く使い続けるためにはクレジットカードの仕組みなどを知っておくことも有利になるでしょう。今、節約家の人たちだけでなくともクレジットカードのポイントなどのお得さに注目が集まっています。

クレジットカードは絶対に手数料を払わないといけないの?

クレジットカードは「割賦販売契約あるいは後払い契約」という契約の元に商品をカードを提示することで、購入するものです。これは、購入者側は現金を持ち歩かなくてもよく、店舗側はビジネスのタイミングを逃さないということで大変便利な方法です。

ただ、購入者側と店側だけでその契約が成立するのではなく、間にクレジットカードを発行している会社が入るのです。そして、クレジットカードを発行している会社は、その後払い契約などのために手数料をとるということになっています。

手数料は通常は一括払い、ボーナス一括払いでは商品の購入者側は支払う必要がありません。分割払い、リボ払いの時には手数料が必要になります。

しかし、店舗側は購入者の支払い方法に関わらず、手数料をクレジットカード会社に支払うことになります。クレジットカード会社に購入者が支払った金額から、手数料を引いた金額が店舗側に入金されるのです。店舗側とクレジットカード会社の契約によりますが、この手数料は通常5~7%程度といわれています。

そのため、少額の商品や利益率が低い商品などでは、店舗側は利益が減ってしまうことになり、本音はできればクレジットカードを使ってほしくない、という部分があるかもしれません。お店によっては「できれば現金でお願いします」という表示をしているところさえあります。しかし、手数料を商品に上乗せしたり、お店独自のポイント率を変えることは本当は店舗側とクレジットカード会社側の契約に違反していることになります。

クレジットカードの端末を導入している店舗を探す

クレジットカードの端末を導入している店舗を、探すのが難しいときがあります。以前はお店の外からでも利用できるクレジットカードのステッカーが貼ってあったり、レジの近くに掲示されたりしていました。

しかし今は、はっきりと掲示してあるお店も少なくなっています。利用の前に確認するのが、スムーズに買い物や利用できるコツといえるでしょう。特にレストランなどでは、表示されていないことが多いようです。クレジットカードがダメなら現金で、というような持ち合わせがない場合は要注意です。

店舗側もクレジットカードの端末を導入することで売上アップになるという場合なら、積極的にクレジットカードが使えます、というアピールをするかもしれません。しかし、クレジットカードの利用の手数料は店舗側が支払うことを考えると、あまり利益率の高くない店舗では本音は「現金で払ってほしい」ということになるでしょう。

買い物をする側、食事をする側とお金を使うほうにしてみれば、少しでもポイントを貯めることができるクレジットカードを上手に使いたいという気持ちがあります。お店側も使って欲しい、それで売上を上げたいと考えるから導入しているわけですが、いかんせん手数料のことが問題として立ちはだかってくるわけです。

クレジットカードを使う側としてはそこまで気を使う必要はないのでは?と思ってしまう部分もありますね。また、本当は認められていないのですが、手数料を買い物する側に支払わせるという店舗もまれに存在します。